平塚こばやし歯科

親知らず

親知らずについて

親知らずとは

親知らずとは

一般的に17~30歳頃に生えてくる前歯から数えて8番目の歯のことをいいます。永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。

このような親知らずは腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因になりがちですので、抜歯した方が良いでしょう。

親知らずによる症状

当院の親知らず抜歯に
ついて

当院の親知らず抜歯について

対応可能なケース

まっすぐ生えている・横になって埋まっている場合

まずは、ご相談からご来院くださいませ。

対応できないケース

深い位置に埋まっている、神経までの距離がものすごく近い、全身疾患を持っている場合などは大学病院に紹介させていただく時があります。

抜歯をオススメするケース

以下のような場合には抜歯することをオススメします。

まっすぐに生えていて、上と下できちんと噛み合っている場合は必ずしも抜歯しなくても良いです

抜歯後の注意点

抜歯後の注意点

上の歯は腫れと痛みがでにくいです。

下の歯を抜歯したときは腫れるのと痛みがでると考えておいたほうがいいと思います。

2、3日~1週間ぐらい症状がでるときがあるので、写真をとったり、旅行など大事な用事がないときの抜歯をおすすめします

平塚の歯医者|平塚こばやし歯科
診療時間
10:00〜13:30 / /
15:00〜19:30 / /

※休診日:(水)(日)(祝)
※▲:土曜日の午後診療は15:00〜17:00まで

  • 〒254-0807
    神奈川県平塚市代官町33-1
    OSC湘南シティ内2F
  • 上野東京ライン・東海道本線・湘南新宿ライン
    「平塚駅」南口より徒歩8分
0463-71-6811
NPO法人 日本歯科医療評価機構 第三者機関による、患者様アンケート結果はコチラ NPO法人 日本歯科医療評価機構 第三者機関による、患者様アンケート結果はコチラ