平塚こばやし歯科

虫歯治療

虫歯治療について

虫歯治療について

虫歯治療とは

虫歯は口の中にいる虫歯の菌が糖から酸を作り、その酸によって歯が溶かされていく病気です。

早期発見、早期治療が鉄則で痛みを感じた時にはすでに神経を取らないといけない等の手遅れになる場合が多いです。

ほかの病気と違い原因を取り除いても自然に治ることはありません。悪化したまま放置すると最悪の場合、抜歯しなければならなくなります。反面、早い段階で治療を始めれば負担が少なくて済みます。

なりやすい人の特徴

歯をあまり磨かない人はもちろんですが、食事やお菓子などの間食の回数の多い方や、ジュースなどを多く飲む人などが多いです。治療とあわせて生活環境を見直すことも大切なことのひとつです。

痛みに対する配慮

麻酔の前に表面麻酔を塗布し、麻酔液をゆっくりと注入します。細い麻酔針を使用し、患者さんにとって痛みが少なくなるよう細心の注意を払い治療を行っております。

症状からみた虫歯の進行

C1:エナメル質内の虫歯

エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。痛みがなく、ついつい放っておきがちです。虫歯の部分だけを正確に治療し合成樹脂(レジン)を充填します。

C1と同様に合成樹脂レジンを充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C2:象牙質に達した虫歯

象牙質に達した虫歯

エナメル質の内側の象牙質に虫歯が達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、虫歯の進みかたが速くなります。

C1と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

歯髄(神経)に達した虫歯

象牙質の内側の歯髄にまで虫歯が達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。 歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。

また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。 症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

C4:歯質が失われた虫歯

歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。

抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

平塚の歯医者|平塚こばやし歯科
診療時間
10:00〜13:30 / /
15:00〜19:30 / /

※休診日:(水)(日)(祝)
※▲:土曜日の午後診療は15:00〜17:00まで

  • 〒254-0807
    神奈川県平塚市代官町33-1
    OSC湘南シティ内2F
  • 上野東京ライン・東海道本線・湘南新宿ライン
    「平塚駅」南口より徒歩8分
0463-71-6811
NPO法人 日本歯科医療評価機構 第三者機関による、患者様アンケート結果はコチラ NPO法人 日本歯科医療評価機構 第三者機関による、患者様アンケート結果はコチラ